呑気に行こうぜ俺のひとりよがり日記


by luckymania
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2009年 03月 30日 ( 2 )



 今月のアフタヌーン読みました。




 ”からん”については、こちらの別記事にて。



 

◎”友達100人できるかな”



 今回は主人公の直行が小学生当時の妻の
サチさんに会いに行く、というお話でした。
 

 東京から、サチさんの家がある埼玉まで、
電車ではいくらかかるか分からないし・・・ということで、
自転車で川を北上して行くことに。
さらに、今までできた友達3人と共に。

 サドルの前にレバー付きの変速器がある自転車、
すんげぇ懐かしいですねぇっ(;´Д`)!
自分も、当時、むっちゃかっこええっ!って感動した
ことを思い出します。
 その自転車が初お目見えになるところでの、
とよ田氏独特のピカピカ且つわくわく感を誘う描写が
またよかったです。


 競争したりしながら、なんとか埼玉に着く一行。
途中から道明寺さん(異星人)と2人で行くことになり、
ついに当時のサチさんの家にたどり着き、サチさんが買い物に
いくところを追跡します。
 が、”バタフライエフェクト”のせいか、
想定外に、交通量の多い車道にサチさんが飛び出し、
転んでしまいます。
 直行が体を張って助けに入りますが、車は容赦なく・・・
といったところで、道明寺さんが特殊能力を使って助けます。


 直行が気がつけば、サチさんの姿が。
サチさんはもちろん、直行のことを知りません。

 が、話していくうちにどんどん打ち解けていきます。
直行の現況を言ってるところで突っ込むサチさんの
セリフはとよ田氏作品なら、手書きの方が良かったかもw。
 そういった話しているあたりから、
”11年後、○○大学で会えるよ!”と
直行が言うラストまで、とてもジーンと来ました。
 自分がパラレルワールドに飛ばされてしまって
会えなくなってしまった妻、そして、自分が知らなかった
時代の妻と、話ができている、
ってシチュエーションが堪りません(;つД`)。
 もうちょい後の方にとっておいても良かったのでは・・・
とも思いました。




◎謎の彼女X


 目隠しをする椿君の前に元片思いの彼女と
現彼女の二人が全裸でヨダレを差し出し合っているという
椿君の言うとおり、それだけで鼻血ものなシチュエーション
から始まりw。

 早川さんがヨダレをなめさせようと、椿君に
差し出しているのですが、椿君がいざ舐めよう、とする段で
早川さんが涙を流します。
 それは本当になめてほしい相手が椿君ではない、ということを
表す涙でした。

 椿君を誘ったのは、早川さん自体が、結局、
片想いみたいな立場ばかりで、
両想いがうらやましかったということでしたか。

 現彼女の卜部(うらべ)さんは、”きっと両想いできる人が見つかる”
と早川さんを諭し、納得したところで、椿君の目隠しがとれて・・・。
 二人からビンタを頂戴し、気絶してもなお嬉しそうな
椿君でしたw。

 いやー、あの時の早川さんも可愛かったですが、
卜部さんの”ぼっ!”はもっとよかった(笑)。
 



◎もっけ

 

 久しぶりにお爺ちゃん降臨!

 御崎さんの祖母に対する複雑な気持ちを
整理させることができるか?!

 って、次で最終回ですかい(´・ω・`)!?





◎ぢごぷり




 単行本がもうすぐ発売になるみたいですねー。
5月って書いてたから、”からん”と同時発売になるでしょうか。


 今回は過去のお話でした。
美術部(かな?)での学生時代、いろんな新キャラが
登場しました。
 お嬢様系のキャラも登場、後ろには、”くじびきアンバランス”
の山田さんよろしく、後輩キャラの山吹さんがちょこちょこ
ついてきていましたw。ショートカットメガネで腰が低いキャラ・・・
もう”くじアン”からの伝統でしょうかねw。この娘好きです( ´∀`)。

 かなめはマンガ描きやったんですねー。
ヘッドドレスは制服でもつけてたんですね;。
本当、トレードマークになってますね。

 で、あゆみ姉ちゃんの夫となる(の?)瞬介さんも登場。
天才に才女、という構図になるのでしょうかね(^^)。

 瞬介さんのことは前号で禁句、となっていましたが、
その辺の経緯も気になるところですね。
 絵を描いてた時に出てきた先輩も絡んでくるのでしょうかね。



 結局、学生時代のお話は、あゆみ姉ちゃんの夢のお話。
目が覚めて、夢の内容を思い出せなくて、
”どうでもいい夢だったんだろう”と言う所で、かなめ姉ちゃんの
心情の深刻さが伝わってきました。 




◎宙(そら)のまにまに


 アニメの情報、声優さん情報がきてました。
”しゅごキャラ”から結構来てるみたいですね。
阿澄さんも来ないかなぁw。


 本編は、幼稚園で星にまつわる神話の劇をする
お話。やっぱドタバタなのですが(笑)、
ラストは天体部の本領発揮で、良いものになりました(^^)。



◎薬師寺涼子の事件簿

 アニメでちらっと見たことがあったのですが、漫画では初めてでした。

 絵も奇麗ですし、一話読んだだけで、涼子のキャラクターや、
周りの人間関係も分かりやすかったのは良かったです。




 その他、ユルヴァちゃん、オクターヴ、カラスヤサトシ氏の4コマ、
ハックス!、ラブやん・・・といったあたりを読みました。



 前にも書きましたが、”もっけ”が次回掲載号で最終回。
さみしくなりますわ・・・orz。
[PR]
by luckymania | 2009-03-30 23:55 | アニメ・まんが

今月の”からん”@09.3



 他のアフタヌーン作品については、こちらにて



 単行本2巻は5月発売の模様です。
金春vs京の試合、一度読んだからこそ楽しみです(^-^)。


 また、神戸在住1巻に登場し、2~6巻の
背表紙の折り返しにて登場した”あのグッズ”が
プレゼントされることになりました。
 今回は自分は応募しません。
応募される方のご武運をお祈りします(^^)。







 さて、今回の本編。



 今回は前回ラストにあった、放課奉仕で一緒になることでの
挨拶に、雅と京が行くまでの経緯から始まります。

 雅が次田さんに”廊下は走らない!”と注意された時、
”めっちゃ歩いてまーす”ときりかえすところは、
ある意味、むっちゃ上手い切り返しやな、と思いました(笑)。
確かに、”めっちゃ”歩いてますわなw。



 薄雲組に着いて、前号の終わりに追いつきます。

 桜香に挨拶をする2人。
”あなたのお口の後輩、高瀬雅と九条京でーす”って
挨拶をする所のほっぺを赤くしている京がラブリーでしたw。


 その挨拶が相当目立ったのか、担任の小浜先生こと、
みっちゃんに呼び出されます。

 まず、雅の立場上の、”あんま目立つな!”。
それと、中松姉妹が二人揃ったら手がつけられなくなる、という
ことを言います。
 桜香がいるから挨拶に行ったんちゃうか?ということを
聞きますが、やっぱ、雅が、柔道部を一つにまとめようと、
考えた策なんでしょうね。きっかけにはちょうどいいですし。

 話が終わった時に、みっちゃんが”あーたばこ吸いたい”と
こぼすあたりは、気苦労を感じます。やんちゃばっかで大変ですねw。
ま、だからおもろいんですが(笑)。



 放課奉仕。野村美術館前に集合します。
雅と京の元気の良さに、薄雲組の最前列の先輩方では
”キャッ”とビビる人もいるぐらいですw。
いやぁ、お嬢様学校ですねぇ。

 
 雅と京の班は、柔道部ということで、桜香の班と同じ班に。
 桜香に”なんなりとお申しつけください”と言う雅に、
桜香のイタズラ根性が炸裂(笑)。薄雲組の委員長で剣道部
である仁礼晶(にれいあきら)さんと、そのお連れの方を
雅が抑え、京が揉む!というコンビネーションを発揮します(笑)。
ここの京もおもしろかわいかったです(笑)。

 それを止めようとした次田さんも、桜香の指示で”この鼈甲メガネも
やってまえ!”で餌食にw。今度は桜香も参戦して、次田さんを
揉みしだこうとするのですが、現場に到着したみっちゃんの
出席簿が三閃!
 ”目立つな!”と注意され、頭をプスプス言わせながら土下座する
雅と京に笑えましたw。

 また、次田さんがいじられると笑いを抑えられない陸奥さんも登場!
今回も”プーッ! バフッ!”と臨界を超えてしまわれました(プーッ!バフッ!)



 放課奉仕の掃除に入ります。
京は上級生に気に入られているみたいで、
過去を聞いてるだけに、よかったな、と思いました。



 放課奉仕も終わり、帰宅の途につく桜香ですが、
柔道部一年勢がゾロゾロとお見送り(笑)。
バス停に先にいた梅香はドン引きでしたw。
 ”金春(かなはる)先輩好き同志で仲良くしましょう”とはしゃぐ雅。
さらに”金春先輩はいじめたら可愛いって言ってたじゃないですか”
と言ったところで、否定しきれなかった双子に笑えましたw。
 
 京都市バスの204系統に乗って帰る双子。
”こっちに近づいて来られるとイジメづらくなる”と
心境の変化を表します。


 

 翌日、金春について話を聞きたい、と、雅は次の日、
百(もも)先輩と萌(めぐみ)先輩のクラスを訪れ、
中庭に移動します。

 中松双子と金春の家は、京都ではあまり歴史が深くない、
ということで、京都特有の問題が起きやすいこと、
そして、金春については、雅が萌先輩の存在がきっかけ、
という考えを話、おおむね間違ってない、と百先輩が返します。
 金春は自分に対して何かされることには、そんなに
怒らないし、そんなに気が強くない、と百先輩は見ているあたり、
金春関係のターニングポイントかな、と思うと同時に、
”金春つんでれ化”が着々と進んでいるのかも・・・と
邪推したりしてしまいます(笑)。

 しっかし、金春は、頭数が足りないから、双子に頼み込んで、
柔道部に入部させた、という立場とはいえ、それをいいことに
双子に相当えげつないことをされてたんですね・・・;。
それでも今の関係を保てている、というのはすごいです。
その辺のお話も、また出てくるかも知れませんね。
 そして、萌先輩の金春の見方も若干変わってくるかもしれませんね。

 
 中庭でごはんを食べたい、という雅ですが、
ここの管理が霜塚セツ先生、ということで、
一同して、めっちゃ恐れをなす所は笑えました。
 ここの教師、屈強な人が多すぎですw。



 最後に部活。まず、久々の雅の”キモキャラ迎撃”で
二年生勢を大いに引かせたところで笑えました。
雅は百面相も面白いですねw。

 金春と乱取りをする雅。
金春を投げた後、”自分に勝ちたければ
具体的な課題を見つけて下さい”と提言します。
 雅に対抗意識がすさまじい金春。
”課題はお前を倒すことそのものじゃ!”と
ズバリと強く言います。
 金春の気持ちが改めて良く伝わってくるシーンですね。


 そうしたところで、みっちゃんから雅と京と桜香に招集司令が。

 それに従って、”教導室”へ。桜香が雅と京に数点注意してから、
中に入ると、前回、名前だけ出てきた”宇賀神ガー”こと、
宇賀神先生が待ち構えていました。
 詰襟にスカート、さらに存在・威圧感・・・
本当、ただの人ではなさそうですね(;^^)。







 本編はここまでとしまして、最後に、実在のお話を。



 放課奉仕で野村美術館が登場しましたので、
野村美術館のHPで所在地を調べてみたのですが、
近所に東山(中学)高校があるんですねー。
 東山といえば、高校野球を中心として、
スポーツも盛んで歴史もある有名校ですね。

 放課奉仕、ということで、学校の近辺での活動になると
思いますので、それらの情報を合わせると、
ひょっとしたら望月女学院の所在地のモデルは、
東山高校、ということになるのかな?と思いました。
東山は小学校は無くとも、中高一貫の男子校ですし。
 まぁ、あくまで私見なので、実際はどうかわかりません(;^^)。
(そりゃそうやw。)


 また、中松双子が利用しているバスは市バスの204系統、
ということでいいと思いますが、バス停は”東天王町”という
ところ、と見ました。
 降りる場所は、北白川はついていませんが、
”伊織町”でしょうかね。

 今度、京都に行ったら、祇園界隈と、この辺を徹底的に
うろついてきますわ(`・ω・´)。



 
[PR]
by luckymania | 2009-03-30 23:51 | 月刊アフタヌーン