呑気に行こうぜ俺のひとりよがり日記


by luckymania
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

マガジンスペシャル@2009.2月発売分


 先日出たマガジンspecialの今月号が結構おもしろかったので、
記事にしときます。


 まずは2本立ての”おれはキャプテン”。


 1本目は本筋ストーリーの続き。
 今回のお話は、9回裏、2アウトからデレックの満塁ホームランで
5-0から5-4に追い上げたところから始まります。
 まず引き込まれたのは、この回、追い上げられた栄光城の
選手たちの心理状態の描写。5点差から一気に1点差に
追い上げられてのプレッシャーがひしひしと伝わってきます。
 何気に高校野球を何試合も見ているのですが、
緊張こそしつつ見ているのですが、選手たちにとっては、
それとは比べ物にならない程のプレッシャーと戦ってるんやなー、と
改めて感じました。

 体が硬くなって動きが悪い中、蛯名君がホームラン性の打球を
飛ばす。そして、その打球が風によって戻される・・・。
硬い体をなんとか押して、打球を捕りにいくも、結局フェンス際で
グラブに当てたボールがスタンドイン・・・。
 なんとも栄光城にとっては、プレッシャーが生んだ悲劇的な
場面ですね・・・。その描写がとても上手かった点がひとつ。
 



 そして、その続きの描写も引き続きよかったです。
同点ホームランを打った蛯名君、喜びの余り、
一塁コーチャーと抱き合おうとしたのですが、
監督が”やめろ!”と叫ぶ声で、抱き合うのを間一髪止めました。
(走塁中に走者の体に触れると、走塁補助にあたるようです。)
 しかし、それを回避してホッとした油断と、ホームランの高揚感で、
一塁ベースに到着する前に二塁に行ってしまいました!
結局、それをよく見ていたファーストの選手がボールを取って
アピールしてアウトになり、この幕切れ?!・・・というところで終わりでした。
 ここの心理状態の描写も本当リアルでよかったと思いました。

 今号のおれキャプは、こんな感じで、とても深くて
絶妙で、特におもしろかったです( ´∀`)。

 2本目はデレックとユッキーのデートの話。
普段、飄々としているデレックも、好きな女の子の前では
からっきしなシャイっぷりが素敵でしたw。
 俺も、そんなデレックが好きです(^^)。



 
 次は”お憑かれさん”。
 前半はいつもどおりのノリで笑わせにくるのですが、
今回はむっちゃええ話でした。お地蔵さんの一途さに感動(T~T)。
そして、島田英次郎氏は、こんなお話もかけるんやなー、
(褒め言葉として使ってます。)と感心しました。
さすがはプロ。話の持っていき方もきれいで上手かったです。
 
 あと、島田氏の目次のところのコメントに同氏のブログについて
書かれていましたが、これを機に、ググって見に行ってみると、
まず、ここと同じ、エキサイトブログでびっくりしました(^^)。
 内容は、マンガ同様、画像付きのオチも良い感じに笑わせてくれて
いい感じのブログになっていますw。




 ”地院家若美”は、なんと、今回は若美の天敵で、
若美にベタ惚れな美柑と若美がデート!
まぁ、若鳥君が異性といい雰囲気、ということで
視察するための偽装デートなんですけどね。

 何気に”美柑の方が8万倍マシよっ!”とか
憎まれ口ながらに若美に言われたり、
クライマックスは、若美のスキをついて、
美柑が抱きついた、ということもあり
(その一撃で若美はノックアウトしましたがw)
美柑にとっては、とても良かったな、というお話でした(^^)。
 一話目をふと思い出しましたが、美柑は、本当に一途
なキャラですよね。今後もまた楽しみです。



 ”Dreams”はいよいよ、史上初の”女性選手”のきらりがいる
美ら海聖都との対戦開始。
 外からデータを中に教えようと必死なのですが、
”外からのデータはいらねぇ”というお話。
ガチ勝負の覚悟と熱さを強調しましたね(`・ω・´)。

 もちろん、元々、現実の高校野球でも、
外からの情報伝達は禁じ手なんですけどね。
サインとか時々見つかってますよね;。


 ”School Rumble Z”は、ララのコンサートが開かれている
東京ドームに怪獣が寄生!コンサートが行われながらも暴れますw。
 天満と見に来ていた烏丸君ですが、烏丸君は実はヒーローの
”カラスマン”だった!
 ドーム怪獣と戦うカラスマン。
ドーム内は、アトラクションと思いこんで、全然怪獣だとは
気づいていないあたり、笑えました。
 で、決め手にカラスマンのウインク!
まるでマクロスFのランカ嬢の”キラッ☆”を彷彿させるようなw
素敵な攻撃でドームに寄生していた怪獣を倒しました。
 で、安全なところにドームを運んでいたのですが、
実は大阪まで運んでいたというオチまでついてましたw。

 実に”スクラン”らしいお話で、とても良かったです( ´∀`)。



 
 以上、こんな感じで、今月号は特に楽しく読めました(^-^)。
[PR]
by luckymania | 2009-02-21 23:29 | アニメ・まんが