呑気に行こうぜ俺のひとりよがり日記


by luckymania
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧



 まずは23日発売の”げんしけん”の新巻。
10巻であり、”二代目”の1巻です。


c0198213_22441041.jpg

 キャラ系ショップのポストカードの絵柄は
”二代目”の連載開始の時のアフタヌーンの表紙の絵柄で
共通みたいでしたが、文字の位置でとらのあなで
購入しました(^^)。今巻も面白かったです( ´∀`)。

 表紙をめくったところのネタは・・・分かりません。
なんか良く見る構図なのですが;。

 書き下ろしの4コマも波戸君の衝撃的(?)な
きっかけなどの内容もありましたが、相変わらず
おもしろいものでした( ´∀`)。 

 一番笑えたのは恵子(笹原妹)の名刺でしょうか。
いじりすぎですw。誰やねん(笑)。

 恵子といえば、巻末の書き下ろしも気になったり。
密かに斑目君が店に来ることを期待してるとか・・・?!
 そう考えると、”失恋しきれてねーんだよ”の回が
より意味深に感じられるのですがw。




c0198213_22445150.jpg
 
 もうひとつは、”まんがくらぶオリジナル”の今月号より。
”みもりろっくおん”の扉絵で、単行本1巻がいよいよ6月27日発売
と決まったとのお知らせが!
 やー、もうずっと待ってたんで嬉しいです(><)。

 今月号は、キャラの性別反転の特別4コマがあり、
好きな作品があるのなら、結構おいしい号になっています。
みもりも男子化していますし(^^)。
 男子化してもみもりかわいいよみもりw。
 
[PR]
by luckymania | 2011-05-31 22:44 | アニメ・まんが

ギタドラXG近況@11.5.20




 エキストラステージ進出(つまり”プラス1曲”)を
狙わず、3曲でいいから、実のあるプレイを
意識してプレイしています。

 エキストラステージ狙いをしなくなると、
一気に選べる曲が増えて、視野がひろがりまくることを
実感しますわ( ´∀`)。
 1曲目はクリアできなくても、ゲームオーバーにならない上に、
最後までできてしまう、というのも、大きいです。
  
 けど、それは、スキルによって変わってきますわね。
慣れるまでは、数多くやったほうがいいので、
エキストラ狙いでしっかりプレイする方が良いですし、
今の俺みたいに、ある程度慣れて、難しいことを練習する
場合なら、3曲で終わっても、その要素を含む練習が
できる譜面を選んだほうが実になります。

 また、以前、クリアできなかった譜面が、
今やったらS評価、というのも爽快ですね(^^)。
 特に空色デイズ(赤G)で出たのにはびっくりしましたw。
c0198213_2361773.jpg


 でも、特攻しやすいとはいえ、あくまで難しい新要素を
練習する、ということなら、難しいのよりも、譜面数が少なめで
分かりやすいものをしっかりとプレイできる譜面を
選ばないと、あんまり意味がないな、と改めて感じました。
 というわけで、新曲の黄色譜面をプチプチ潰していくのを
直近の課題にすることにします。



 ”今回の良譜面”としては、気まぐれロマンチックの
赤譜面すべて。
 ドラムは1回のLPに、他にも数多く叩く所があるので、
慣れるのにも良し。そんなに難しい配置がないので
分かりやすくて良いです。
 ギター、ベースの赤譜面は、桃色とオープンの
絡みの基礎練習にもってこいなレベル。
 やりこむ価値があります(`・ω・´)。


 また、ギターの桃色ノートは、ホームポジションみたいなのを
意識するのは大事やな、と、感じました。
 なんかIIDXのダブルプレイの時のもどかしい感じに
似てますw。
 桃色ノートを押してから、いかにちゃんと赤青緑橙へ4本指を
戻せるか、というのを感覚的にできることが目標です。


 あ、あと、来週から、グループメンバーを増やせば、
曲も増える、というイベントをやるみたいですね。
 俺の所属グループは満席なのですが、この場合は
どうなのか、と思ってたら、満席の間は曲解禁できてる、
ということになるようで、とりあえずホッとしました(^^)。


 ポップンのネット対戦も始まり、ギタドラもやりたいことが
多すぎでしっちゃかめっちゃかなのですが(;@A@)
まぁ、上手いことやりたいです(^^)。
[PR]
by luckymania | 2011-05-20 23:06 | 音楽ゲーム

DDR近況@11.5.20


 DDRのことをだいぶ書けてなかったので、書きます。



※譜面の種類について。文中では・・・
BEGINNER=(B)、BASIC=(楽)、DIFFICULT=(踊)
・・・で表しています。






c0198213_233266.jpg

 とりあえず、今はこんな感じ。
称号がふと気づいたら、”足始め”から”足戦士”に
変わってました。


 クリア、(あくまでクリアだけ)の最高レベルは、
SPはValkyrie dimension(B)の足9。

c0198213_233581.jpg

 当面の目標としていましたが、特攻して、
ゲージがデンジャーでまっ赤っ赤になりながら
クリア押しこみました(;^^)。それでも嬉しいです。
 また、足8のトリフェニ(楽)がクリアできたのも
嬉しいです。


c0198213_234363.jpg

 DPはStoic(踊)の足10。
別の人がやってるのを見て、なんとなく特攻してみたら、
なんとなくできてしまいましたw。
 ちょっと逆詐欺っぽい気もしますが、これはこれで
嬉しいですね。
 ちなみに、後で、足9のMAX300(楽)をやってみたら、
序盤で閉店余裕でした(笑)。


 プレイの方向性・・・

 SPは足5-7を(楽)譜面を
中心に埋めつつ、しっかりとプレイすることを考えて
やっています。
 特に、2chの初心者スレで挙がっていた
Flourish(楽)は曲も譜面も良いもので、
プレイした日は1回はプレイしています。
 足7の(楽)譜面がそろそろ埋まるので、
それ以上と足8にぼちぼち入っていくことになりそうです。
 足8は、脱初心者の目安になっているので、
頑張って埋めていきたいですね(`・ω・´)。


 DPは基本的に全部埋めるぐらいの気持ちで
やっていますが、結局、足5埋めをしつつ、
6-7をプレイ、といった感じです。
 まだまだ新発見が多いので、しっかり吸収しつつ
やっていきたいです。


 良い譜面・・・DPでDXY!(楽)の同時押し譜面が
印象に残っています。他にもSPにも、ちゃんとしたい譜面が
いっぱいあるんですけどねぇ;。メモらないと忘れしまうorz。


 やー、普通にプレイしても楽しいのですが、
DDRのように、一からプレイし始めて、
上達していくのも、やっぱ楽しいですね!
 ギタドラXGも似たような感じなのですが、
なんかこう、音ゲーを始めた時の新鮮な気持ちを
思い出します( ´∀`)。

 
[PR]
by luckymania | 2011-05-20 23:04 | 音楽ゲーム


 今回の新連載は”TRIAL RIDE”。
アフタヌーンで連載してた作品らしいですが、
よく知りません(;^^)。ここから読みます。

 ジャンルは競馬モノ、ということで、競馬観戦好きなもんとしては
なかなか良い感じなのですが、ちゃんと読めたものの、
絵がちょっとクセがあるかなぁ、なんておもいました。
(絵に関しては、今まで読んだことがある競馬漫画が
”みどりのマキバオー”(つの丸氏)と
”じゃじゃ馬グルーミンUP”(ゆうきまさみ氏)
だった、ってこともあるんでしょうがw。) 

 
 そして次回、いよいよ、俺がこの雑誌を買う事を決めた作品、
”巨娘”が再臨ということになりました(゚∀゚)!
 ジョーさんはじめ、みんなの活躍がまた楽しみです。
・・・っても”からん”が終わったこととあの終わり方には
どうしても納得いかないんですけどね・・・。


 
 さて、今回も、まず、こはるだけ。






・こはるの日々


 美香vsこはる、鳥居家で勃発!

 まぁ、前半は基本通り、さりげない晃の取り合いなのですが、
こはるが晃に対しての”好き”の姿勢を、美香が激しく突っ込んでいく、
という、なんともハードなものに・・・。

 今回はかなりレビューを書くのが難しいですネ(;^^)。
なんかややこしい書き方になりますわ。

 美香は、
”晃ちゃんの彼女だから応援したい”
という気持ちを吐露しているので、そういう気持ちも
あるでしょうし、心底では、
”晃ちゃんが大好き!”
という気持ちが強いと思います。

 晃が大好き。大事。だから、”応援目線”でも、
”彼女になる人がきっかけで、
晃ちゃんが苦しい思いをするのは嫌だ”
”私が大好きな晃ちゃんの彼女にふさわしいかどうか”
・・・という面で辛口な見方になるでしょう。


 また、”対抗目線”では、
”あわよくば・・・”
”晃ちゃんを一番好きなのは私!”
・・・という気持ちも強いと思います。
 
 今のところは、この双方の想いが混ざってるように感じます。
でもまぁ、やっぱり、別れ際に”しっかりしなさいよね!”と
目線で訴えているので、その周辺の感情でもあったように、
”私の大好きな晃ちゃんの彼女なんだから、良い彼女で
あってほしい”という気持ちの方が強いのかも知れませんね。



 前の話のラストのように、いちいち”確認”しないと
落ち着かないこはるに、晃を信じて受け止めることが
できる美香、そして、そんなこはるに突っ込む美香、
という部分が、より深く、今回は描かれています。
 それに、幼馴染の最大の強み、
”晃ちゃんのこと、私はいっぱい知ってる”
という強力兵器を投入。美香は怒って帰りましたが、
今回の内容は、こはるの完敗ですね。
 傍で見てる俺でも、”晃は、本当に、こんなこはるが彼女でいいのか?”
なんて思ってしまいますしw。
 

 でもまぁ、こはるにとって、”手が届かないと安心できない”と
いうのは乗り越えないといけないところですね。
(まぁ、これが克服すると、怖さが無くなる、ってのは、
”俺”という読み手の勝手な言い分でしょうけどね(笑)。)
 もっと、”無形の信頼”で繋がっていかないと、”本物”とは
言い難いです。
 そのための”試練”に美香がなっていくわけですね。
・・・いや、本気で争奪戦になってきたら、
それはそれで面白そうですがw、
流れから見て、多分”試練”になってくれてそれで最後まで、
と、俺は見ています。
(でも、終には”美香にげてぇー(;´Д`)ノシ”的な恐怖展開も
ラストのホリックなこはるを見てると予想できてなんともかんとも)

 美香が帰った後、こはるは、こはるなりに葛藤。
晃がこはるを好きになった理由、って、やはり、
”こはるが好きになってくれたから”って事しか
今までの様子から見れば、無いですもんね。

 こはるはそこをもっと掘り下げて、
美香に対抗するつもりで、
”もっと私が先輩を好きにならないと・・・”
という方向に行ってしまうみたいです。

 やー、”・・・私、全力で頑張らないと”
の所のこはるは、今後の話の方向性と、
作者の大城氏の”本気”を、ものすごく感じました(ゴクリ・・・;)。

 今までも面白かったですが、次回以降、むっちゃ楽しみですw。

 


<”こはる”関係追記>

 前の号(15号)を読んでて、最後の方をみてたら、
作者さんのこはる色紙があったのに気付きました。

c0198213_942062.jpg

 ちょっともっさりしてますが、
これはこれで良いですネっ(^^)。
[PR]
by luckymania | 2011-05-17 23:41 | good!アフタヌーン
 まずギタドラXG、ほぼ日課としてやってます。

 店舗チャレンジの方は、ギターで金フレーム頂けてますw。
ドラムの方は、プレイする人、上手い人が多かったので、
ランクインしませんでしたが、俺ごとき、これが当り前ですわねw。

 グループチャレンジは、ドラムの方が、ペリトッドとクロアゲハ、
ギターの方が、MAXコンボマラソンと、新曲ランダムと、
にゃぐわ以外の譜面系が残っていますので、ぼちぼちプレイ中です。
 ギターの方、新曲ランダム、誰かやってくれんかなぁ(;´Д`)。
”ポニーテールとシュシュ”にプレイはもちろん、
マークつけたくないんですよ;。
 にゃぐわは是非欲しかったんで、頑張りました。
ギター、ドラム共にChronos(緑)で、よく稼ぐことができました(^^)。
 あ、にゃぐわといえば、前にも書いたかもしれませんが、
ギターで横に振るワイリングが、かなり楽しいです(^^)。


 プレイについては、ギタドラ共に、エキストラまで必須のつもりで
やりこんできたので、一通りは慣れてきたと思い、
ぼちぼち難しい新要素に、エキストラにいけなくてもいいから、
特攻練習しにいこうかな、と考えています。

 
 ギターは、結構橙色にも慣れてきて、そろそろ、難しい新要素の
桃色に、積極的に触れていきたい、と考えています。
  
 桃色への”目覚め”は、”贈る言葉”(黄G)。グループチャレンジでも
対象曲でしたし、好きな曲なので、いっぱいやってました。
 最初の方は桃色が”わちゃー><”で、評価がA安定だったのですが、
やっていくうちに、”桃色を押す時の移動を含めた感覚”というのが
少ーしだけ感じられてきました。
 その感覚を確実に掴むことはできていませんが、きっかけに
なったのは大きかったです。

 自分ぐらいのスキルで、桃色に親しむ選曲としては、
”贈る言葉”(黄G)、”GOLD”(黄G)、”Fast Forward”(黄G)、
そして”全力少年(赤G)”に挑む、という感じのステップアップが、
今の所お勧めかも知れません。

 また、さりげに一回だけ引かせる”愛のしるし”(赤G)も
入門としてはいいかなぁ。

 ”全力少年”(赤G)は、結構難しい”緑+橙”の同時押しもあり、
”青+桃”という難解なところもあり、桃単色もあり、
それでいて、桃地帯をあるていど失敗しても、
その他をしっかりしていけば、A評価はなんとかなる、
という、桃色譜面に触れるのに、とても良い譜面だと思います。

 当面はこの辺を中心にやっていって、徐々に
出来る譜面を増やしたいと思っていますが、
今度は、オープンピックもなんとかしないといけません。
 オープンの譜面の線の太さがなかなか慣れませんわ;。




 ドラムの方は、”正論”(緑)をフルコン、”Dragon Brade”(黄)に
S判定が見込めるようになるぐらいまで慣れてきました。


c0198213_238857.jpg

 そして、”Green Lime”(赤)をようやくクリア!
そのGreen Limeの黄色譜面(赤にもありますが;)に、
難しい新要素のレフトペダル(LP)攻略の糸口が少し見られました。
 
 中盤の後半、Vシリーズでもありましたが、
一定リズムのバスドラムにいろんなパットが絡む所があり、
XGでは、バスとLPの同時押しになっています。
 この分かりやすい同時押し、というのがミソで、
両足を同時に使う事から、少しずつでも、
LPと他の部分の同時演奏の感覚を掴みやすい、
と感じました。
 そこで慣れて散らしていけば、ぼちぼちでも
やっていけるような気がします。
 まぁ、あくまで俺個人的ですけどね(;^^)。

 (バスLP同時といえば、”X-Plan”(黄)の最後、
プレイした時にはバスLP同時押しに
見えたので、その通りにいったらクリアできたんですが、
後で交互押しという事に気づきましたw。
 譜面認識もしっかりしないといけませんね(;^^)。)

 それとメモ程度に、風/雷(黄)も。
ハット→LP→緑タム(?)みたいなところが繰り返される
部分が、そこに集中できる配置なので、
これも練習になるかなぁ、と思いました。


 



 おまけというかなんというかVシリーズ。

 ”星のカケラ”、”AHD”、”Puzzle”といったあたりが
削除されたのが特にキツいですorz。
 さらにXGの曲の一部が来たとはいえ、
システム周りが、最終作としてはさみしいものになって
しまったのは残念(´・ω・`)。


 今回書くのは、まぁ、ネタ系、というものですかネ。

 
 キャラクター選択から・・・

c0198213_23392280.jpg

 フランクが”CALAMITY PHOENIX”のキャラに(笑)。
これが気に入って、ギターの方でフランクにしてますw。
 あくまで”カラミティフランク”w。




c0198213_23394411.jpg

 そして、待ちに待った称号がようやく登場(゚∀゚)!
俺たちの称号”I'm a loser”


 情報仕入れて速攻で取りましたw。
バトルで大いに活躍してくれることでしょう。
[PR]
by luckymania | 2011-05-17 23:35 | 音楽ゲーム