呑気に行こうぜ俺のひとりよがり日記


by luckymania
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

巨娘一巻読みましたー


(前のブログからの移動記事です。)


  木村紺氏の待望の単行本、”巨娘”の一巻が、12月21日に
無事発売されました♪
 表表紙がジョーさん、裏表紙がお兄ちゃんですw。
アフタヌーン本誌未収録の”に”も収録されています。

 神戸在住でも登場した、元町のJAPAN BOOKSで、発売日に
購入しました(^^)。


 むっちゃおもろかったっすねw。
もう3周くらいは読んでるかも。

 自分は、”ご”と”なな”しか本誌で読んでなかったので、
もっと詳しい事情が知れてすっきりしました(^-^)♪


 ジョーさんの歩くときの”ズーンズーンズーン”がむっちゃええかんじw。
お店の常連(?)で近所によく現われてはジョーさんに跳ねられる
安寺(あでら)さんもベリーキュート(笑)。
”さん”で跳ねられた時に、ズr・・・もとい、”毛ヘル”をナイスキャッチしたとこは
爆笑ものでしたw。

 
 さて、”巨娘”ジョーさん。普段は男勝りでも、彼氏である、
お兄ちゃんこと美樹(よしき)くんの前では、きっちりお姉さんな
言葉に早変わりする点も良いですねー。そして朝チュンしたり、
滝のようなヨダレを流したり、ロリ服を着せて欲情しまくる
あたりもおもしろいですね(^^)。
 ただの無愛想キャラでなく、本能の赴くままに、かつ、
爽快に動いてくれるあたりがジョーさんの魅力です。
 ”いち”で、家に帰ってかけつけ三杯の500mlビールで
結局その夜は10本までいった酒豪っぷりもいいですね(^^)。
サッポロー!

 ”お兄ちゃん”こと美樹くんは、マジかわいすぎ(笑)!
ちょっとしたしぐさやら服の着こなしやら”あっ><;”やらが
ナチュラルでピュアで萌えまくりですわw。え、あ、ジョーさん、
なにを・・・うわごめんなさいすんませんあひy





---------<このまま、しばらくお待ちください>---------




 たっ、ただいま・・・さて・・・


 2話の話の中心のポン子は、典型的おバカで、
かつよく動いてくれるあたりが良いし、サチさんも
妖気がとりつくあたり、静かに壊れるタイプでおもしろいですねw。
 

 曲者揃いの登場人物の中で、今のところ一番好きなのは
トオルさんです。
 ”埒外(ラチガイ)”の称号がふさわしい、ぶっ壊れキャラで、
そこが一番の魅力なのですが、”し”で知的に勝ろうとする
一面もあり、そういった面もキャラの厚みがありますね。
司法試験受かってるし。
 あと、お酒に弱いというところもまたいい感じ。

 でもやっぱキれてるところは、思い出し笑いしてしまうくらい
おもろいですわw。
 ”に”で焼き肉行った時に、”精密調査の必要性を強く感じるぜぇ”
とカルビ肉をつまみつつテンションあがってたり(笑)、
キュッポン(便所掃除につかうやつ)で相手のナニを奪ったり、 
”し”でソボティと闘ったり、”なな”でお兄ちゃんをキュッポンで
拉致ったり、ジョーさんに負けず劣らず元気なキャラです。
 ソボティが大皿に手を出そうとして失敗した時の、
”ソ・ボ・テ・ィ それダメとぉーってもダメ”っていう所も
笑える演出w。
 ソボティといえば、これも結構おもろくて好きだったりしますw。
”し”で登場した三号店の金具志さんとつるんでる人らのうちの
一人で、帽子かぶってて、いつもなんか食ってるやつです(笑)。
 大皿食ってるのを金具志さんにとがめられた時に
言い返すセリフは、脳内で声で再生されておもくそ吹きましたw。
イメージとしては飯塚昭三氏や郷里大輔氏が近いかなw。


 他にもジョーさんと同期のタケルさんやら、ジョーさんの弟のリューくんや、
お兄ちゃんの妹の千鶴さんやら、ぐっしーやらポリープやら
アシカのスチールくんとワームくんやらw、いろいろでてきますが、
みんな、なかなか良いキャラ揃いです(^-^)。


 表現の仕方としては、”神戸在住”同様にすごい書き込みと遊び心、
手書きの字に話の運び方・・・クセのある内容ではありますが、
やはり、とてもおもしろいです。
 単行本で読めてよかった(゚∀゚)。


 重要というかなんというか、神戸在住が好きで、同じ作者の
巨娘もかじる、って場合は、同じ作者でも、お話は
全く別の方向性のもの、ということを承知の上で入ると吉です。
 神戸在住みたいなのを期待すると”なんやこれわ(;´Д`)”という
ようになる確率がきわめて高いと思いますので(笑)。
 
 俺の場合は、全く別物を予想してたので、
神戸在住から入って巨娘に触れて、作者の木村氏の
幅の広さと、ちょっぴりのアブなさwを感じることが
できました(^^)。
[PR]
by luckymania | 2009-01-29 02:25 | 巨娘